秋田ハンドボール応援ページ
東日本インカレ

サイト内検索

  1. TOP
  2.  > ■ 大会情報
  3.  > 令和4年度
  4.  :: 東日本インカレ

Theme Designed by EXTRAFFIC It is 2022-12-1 23:13 that you displayed this page


トップ  >  令和4年度  >  東日本インカレ

令和4年度 東日本学生ハンドボール選手権大会



期日 令和4年8月10日(水)~13日(土)

                              場所 函館アリーナ           

試合結果:関東学連HP

 

 

44 AITオールイントラベル杯 令和4年度 東日本学生ハンドボール選手権大会 大会要項

 

 

 

大 会 名 第44 AITオールイントラベル杯 令和4年度 東日本学生ハンドボール選手権大会主    催 全日本学生ハンドボール連盟

    管 北海道学生ハンドボール連盟・北海道ハンドボール協会・函館ハンドボール協会

    援 函館市、函館市教育委員会、北海道新聞社、 北海道新聞Hot Media、函館新聞社協    賛 ㈱モルテン、㈱オールイントラベル、渡作㈱IMPALハンドボール事業部

開催期日 令和4811()13()3日間開会式及び諸会議 810() 諸 会 議 810() 1500 審判・テクニカルデレゲート会議

                  1600 代表者会議及び開会式

代表者会議及び開会式には、各チーム2名必ず出席すること。

上記ともに参加しない場合は、大会棄権とみなします。

  会議会場 花びしホテル 〒042­0932 北海道函館市湯川町1­16­18  TEL0138­57­0131 試合会場 函館アリーナ 〒042­0932 北海道函館町湯川町1­32­1   TEL0138­57­3141 参加大学 男子  16大学(北海道学連・東北学連・北信越学連・関東学連=各4 大学)女子   8大学(北海道学連・東北学連・北信越学連・関東学連=各2 大学)

参加資格 各都道府県協会を通して(公財)日本ハンドボール協会の令和4年度登録を完了し、全日本学生ハンドボール連盟に登録済みの大学男子・女子のチームで、東日本(北海道・東北・北信越、関東)の各地区学連より推薦されたチームであること。また、チーム構成員(選手・役員)の個人としても全員、(公財)日本ハンドボール協会及び全日本学生ハンドボール連盟の令和4年度登録を完了していなければならない。

 

ドーピング・コントロール

      . 本大会は日本アンチ・ドーピング規定に基づくドーピングコントロール対象大会である。

2.   本大会参加者は大会にエントリーした時点で、日本アンチ・ドーピング規定に従い、ドーピングコント         ロール手続きの対象となることに同意したもとみなす。

3.   本大会参加者は、本大会において行われるドーピング検査(尿・血液等検体の種類を問わず)を         拒否または回避した場合、検査員の指示に従わない場合、帰路の移動等個人的事情によりドーピ         ング検査手続きを完了することができなかった場合等は、アンチ・ドーピング規則違反となる可能         性がある。アンチ・ドーピング規則違反と判断された場合には、日本アンチ・ドーピング規則に基づ         き制裁等を受けることになるので留意してください。

4.   大会・大会外検査問わず、血液検査の対象となった競技者は、採血のため、競技/運動終了後2         間の安静が必要となるので留意してください。

5.   日本アンチ・ドーピング規定の詳細内容及びドーピング検査については、(公財)日本アンチ・ドーピ

ング機構のウェブサイト(http;//www.playtruejapan.org)にて確認すること。大会参加時はもとより、   平素からアンチ・ドーピング教育に取り組んでいただきますようお願いします。

競技規則 令和4年度(公財)日本ハンドボール協会競技規則及び全日本学連申し合わせ事項により実施する。

       なを、全日本学連では202271日から施行されるIHF新ルールを東西インカレから実施する。

試合形式 各組(男子=4 組、女子=2 組)リーグにて行う。  

各組1位が令和4年度全日本学生ハンドボール選手権大会(113()7()112()会議、愛知県)に全日本学生ハンドボール連盟より推薦される。

競技時間 前半30休憩10後半30分(延長戦は行わない)順位決定 順位の決定は、A)からE)の順に行う。

A)   勝ち点制(勝ち=2点・引分け=1点・負け=0点)で、勝ち点の多いチームを上位とする。

B)   勝ち点が同数である場合は、総得点・総失点の差で多いチームを上位とする。

C)   総得失点差が同数の場合、総得点の多いチームを上位とする。

D)   総得点が同数の場合は、該当チームの対戦の勝者を上位とする。

E)   上記がすべて同数(対戦間は引分け)の場合、抽選にて決定する。

試合球   モルテン社製のボール ヌエバX5000 (男子H3X5001—BW、女子 H2X5001BW)を使用する。

申込方法 様式-12=大会参加申込書&大会プログラム原稿様式-3=大会帯同責任者届出用紙様式—4=大会傷害保険申込用紙様式-5=宿泊・交通・弁当申込書様式-6=記念Tシャツ申込用紙

様式16 は、下記アドレスからダウンロードし、必要事項を記入すること。

       http://hokkaidogakurenhand.web.fc2.com/(北海道学生ハンドボール連盟HP

       http://www.asahi-net.or.jp/~zb3m-knk./ (関東学生ハンドボール連盟HP)

       様式24の申込締め切りは 令和476()必着とする。

       様式12は同じ用紙であるが、下記の通り様式1を各地区学連でとりまとめて全日本学連事務局           郵送のこと

   様式1:出場校は、各地区学連の指定日までに同事務局へ郵送する。

毎年、誤字・脱字、その他記載ミスが多いので各大学共に慎重に記載すること。

         各地区学連は、事前に締め切りを設定後、推薦大学の個人登録等をチェックした後、取り          まとめて令和476()必着で全日本学連事務局へ送付すること。

         送付先 〒1060044

         東京都港区東麻布2212 全日本学生ハンドボール連盟事務局

   様式2:様式-1と同様入力後、大会事務局 島崎百恵 宛にメール送信すること。

              E-mail shimazaki○tsc.u-tokai.ac.jp

   様式3:大会事務局 島崎百恵 宛にメール送信すること。

              E-mail shimazaki○tsc.u-tokai.ac.jp

   様式4:大会傷害保険申込は、東京海上日動火災保険株式会社(代理店(有)未来テック               担当:高橋英明)までメール送信すること。なを、保険料は、大会参加費とともに               振り込むこと。

              E-mail jump24cm○ms8.ncv.ne.jp

   様式5:宿泊・交通・弁当等は、(株)オールイントラベル(代表:林真彦)が斡旋します。

             申し込みを希望するチームは、令和4630()までに直接申し込みしてください。

                 E-mail hakodate○all-in-travel.co.jp  TEL: 0138-44-3939  FAX: 0138-41-8890          様式6:記念Tシャツは、(担当:IMPAL 西田 恭輔)令和4710()までに直接申し込                 みをすること。

                 E-mail impal○watasaku.co.jp

 

大会参加料 1チーム50,000

振 込 先  北洋銀行 湯川支店 普通3535195 

        函館東日本インカレ事務局 代表:松 喜美夫(マツ キミオ) 

        *振込に際して、必ず大学名で振り込むこと。男女参加大学の場合は、先頭に必ず男女の          記載をすること。

         (例)東海大学札幌の場合、男子:ダトウカイサッポロ、女子:ジトウカイサッポロ

        *振込締め切りは令和476()とする。

組合抽選   抽選は611に主催者が責任をもって行い、北海道・関東学連HP上に公開する。

        男子4(AD)・女子2(ab)抽選に際して、男子は各地区学連推薦順位1位をシード校           とし、女子は前年度各組出場権獲得学連の推薦順位上位を、それぞれのシード校とする。傷害保険  大会に参加するチーム構成員(選手・主務は全員、部長・監督・コーチ・帯同責任者は任意)は          下記の傷害保険に必ず加入しなければならない。保険料は、1500円とし、大会参加料と          合わせて振り込むこと。なお、様式4 に加入者を入力、直接メール送信すること。

1)保険期間:令和4810日から813日の4日間

2)支払条件:本大会へ参加するために自宅を出た時~自宅に帰宅時までに被った傷害

3)保険金額:930万円(死亡・後遺障害)

           ・通院の場合:1日 3,500 円( 90 日限度)

           ・入院の場合:1日12,500 円(180 日限度)

4)事故報告:事故が起きた場合、直ちに大会本部に連絡し、所定の届出書類(代表者会議           で配布)を提出すること。以後、保険会社が本人宛に直接連絡をする。

5)保険会社:東京海上日動火災保険株式会社 代理店(有)未来テック 担当:高橋英明 

           連絡先 TEL:090­9086­1370 FAX0138­55­7200 E-mail jump24cm○ms8.ncv.ne.jp

 

大会申し合わせ事項および注意事項

. 健康管理   

    各大学は、健康管理に留意し大会に臨むこと。なお、全日本学連・主管学連・大会事務局とも一切の     責任を負わない(平成236月全日本学連第1回総合役員会決定事項)

   新型コロナウイルス感染症対策については、別途定め連絡する。

 

2.   大会・ベンチエントリー

    大会参加申込の役員・選手は「役員=6名・選手=20名」の登録とする。

    ベンチ登録の役員・選手は「役員=5名・選手=16名」とする。

    申込後のメンバーおよび背番号の変更は一切認めない。

    背番号は、1番から99番まで使用可とする。

    貼り番号は認めない。

    役員構成は、部長・監督・コーチ・主務・副務・トレーナー等どのような構成でも可能とする。

    役員証・選手証の提出がないチーム・個人は、競技への参加を認めない。

    引率責任者は大学の専任教職員、または部長が任命した者であること。引率責任者が未登録の

      場合はベンチに入れないが、試合会場内にいて、緊急対応時には連絡が取れるように待機しなけ       ればならない。

    棄権扱いのチームが出た場合、該当大学との対戦はすべて除外して実施する。

    留学生については、全日本学生ハンドボール連盟の取り決めにより、大会エントリー3名以内、       ゲームエントリー2名以内とする。(短期留学生は不可)

 

3.   ユニフォーム、サイクリングパンツ、アンダーシャツ、他

    ユニフォームは、CP用/GK用をそれぞれ2色(合計4色)以上を用意すること。

    ユニフォーム色の確認、第1試合は試合開始30分前に記録席前で行う。登録された全ての種類のユニ       フォームを持参すること。調整がつかない場合は、各グループの数字が大きいチームが変更すること。

    ベンチ入りする登録役員は、相手チームCPのユニフォームと同色及び同系色の着衣を禁止する、着替       える、または、異なる色のビブスを着用することで対応すること。

    ユニフォームパンツの下に着用するサイクリングパンツやユニフォームシャツの下に着用するアンダー       シャツは、それぞれユニフォームパンツの色、ユニフォームシャツの基調となる色と同色でなくてはなら       ない。また、選手数名が着用し他は着用しないとかは認められるが、着用している選手は全員が同一形       式のものを着用すること。競技中、たびたび異色のサイクリングパンツが見えるような場合は、審判員・       役員から履き替えるか見えないように指導するので従うこと。

      サイクリングパンツ、アンダーシャツ、靴下、コンプレッションソックス、サポーター、装具類、その他詳細       は、(公財)日本ハンドボール協会HP競技規則頁記載の<服装や保護を目的とした装具に関する規定>       2020.4.1)に準ずる。なお、アンダーシャツのハイネックタイプに関しては、ベンチ入り全員着用か全員       着用しないかにすること(全日本学連規定による)。

    顔面プロテクターについては、大会申込時に写真添付の上、大会本部に使用許可を申請すること。

      なお、直前のケガの場合は、別途受け付ける。

    ユニフォーム広告については、令和341日改訂「全日本学生ハンドボール連盟におけるユニフォー       ム広告に関する申し合わせ」の内容を遵守すること。

 

. その他 

   登録されていない臨時トレーナーは、オフィシャル席に届けること。ベンチ入りは認められないため、交代       地域外側に設置する臨時トレーナー席で待機すること。プレーヤーが負傷した場合、交代地域外のその       場所で応急手当をすることを認める。臨時トレーナーは交代地域やコート内に立ち入ることはできない。       また、コート内の選手に声をかけたりすることはできない。この席に立ち入ることのできる該当者は、トレ       ーナー等の公認資格を有していなければならない。

   両面テープのみ使用可とする(松やに、粘着スプレー類等は使用厳禁)。

   シューズは、屋内・屋外それぞれの専用シューズを必ず用意すること。

   代表者会議での注意事項をチーム全員で認識し、厳守すること。

 

5. 表 彰

   各組1位大学には賞状の贈呈がある。

   各組優秀選手1名に特別賞として、賞状の贈呈がある。

 

大会事務局  041-0251 北海道函館市小安町12­2 北海道学生ハンドボール連盟 代表:松喜美夫

   FAX0138-58-2543  携帯電話:090-3113-3274  E-mailmatsu213○sea.plala.or.jp

   北海道学生ハンドボール連盟  島崎百恵       E-mail shimazaki○tsc.u-tokai.ac.jp

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:8 平均点:2.50
前
全県小学生JHリーグ
カテゴリートップ
令和4年度
次
第67回東北学生秋季リーグ

ページ上部へ移動

メインメニュー


広告


言語選択


Powered by Akita Handball Association© 2006-2021 Akita Handball Association Project